ドローン免許が国家資格に!取得したら何ができるようになるの?

公開日: 2023/04/17

ドローン

動画プラットフォームの台頭や物流革命により、ドローン操縦の需要が高まっています。本記事では、ドローンを巡る法改正の経緯やドローンの国家資格にはどのようないい影響があるのかについて詳しく解説します。ドローンの操縦やビジネスへの活用に興味がある方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

ドローン免許のこれまでと国家資格が始まった経緯

近年、ドローンの利用が急速に広まる社会となりつつあるなかで、安全な運用を確保するためには適切な資格の取得が必要不可欠です。日本においても、ドローンの運用に関する法律や規制が整備され、免許を持っている人の需要が増大しています。そして、ドローンを巡る法改正の経緯について紹介します。

ドローンの利用が一般化する前は、ドローンの使用は明確に規制されていませんでした。しかし、ドローンの墜落事故やプライバシーの侵害の問題が発生するなど、社会的な課題が浮き彫りになりました。

これを受けて、日本政府は2015年に航空法を改正し、特定無人航空機(いわゆるドローン)の運用に関する規制を強化します。その後、ドローンの運用がますます普及するなかで、より安全な運用を確保するために、国家資格としてのドローン免許の導入が検討されるようになりました。

国が認める資格としてのドローンの操縦免許は、民間航空局や航空法に関する専門機関が関与し、厳格な審査や監督のもとに運用されることが期待されています。そして、2022年には、国が認める資格としてドローン免許が位置付けられ、ドローンを扱うことに関する資格の取得がより一層厳しくなりました。

ドローン免許は、ドローンの運用者に対して高いレベルの技術や知識を求めることで、より安全かつ適切なドローンの運用を促進することを目的としています

ドローンの国家資格と取得のメリットとは

ドローンの国家資格が導入されることにより、ドローンの運航に関する厳格なルールと規制が整備され、ドローンの運用の安全性と信頼性を向上させることが可能です。

ドローンを操作するには、資格を有していることが条件になることにより、専門的な知識や技能を身に付けたうえで、ドローンを安全かつ適切に運航できるようになります。この章では、ドローンの国家資格を取得することで得られるメリットを3点に分けて紹介します。

法的な信頼性を得られる

ドローンの国家資格を取得することで、法的な信頼性が向上します。国家資格は政府によって発行されるため、ドローンの運航に関する法律や規制に適合していることが保証されます。これにより、ドローンを使用する際に発生する可能性のある法的な問題を回避できるでしょう。

ビジネスの機会が広がる

2点目は、ビジネスチャンスの拡大です。ドローンを使用した映像撮影や測量、農業などの産業分野での需要が高まっており、国家資格を持つことで、より多くの仕事の機会を獲得できる可能性があります。

また、一部のビジネスでは、国家資格を持つことが必須条件となっている場合があるため、国家資格を取得しておくことで、競争力を高めることが可能です。

確実になおかつ安全に飛ばせる

3点目は、安全な運航の確保です。資格取得のために、厳格な試験をハードルとして設けることで、ドローンの安全な運航が確保されます。国家資格の取得には、ドローンの基礎知識や安全な運航のルール、気象条件などに関する知識を身に付ける必要があります。

これにより、ドローンを安全に運航するためのスキルや判断力を身に付けることが可能です。安全な運航を行うことで、事故やトラブルを最小限に抑えられるでしょう。

資格の違いについて

この章では、ドローンに関連する複数の資格には、それぞれどのような違いがあるのかについて解説します。

一等無人航空機操縦士(一等資格)

ドローンの国家資格の1つ目は、一等無人航空機操縦士(一等資格)です。一等無人航空機操縦士は、国家資格のなかでも最も高いレベルの資格であり、一般的にはより高度なドローンパイロットを刺すものです。

一等資格を持つことで、商業用ドローンの運航に関する高度な知識や技能を持っていることが証明されます。一等資格の取得には、一定の飛行経験や学科試験に合格する必要があり、厳しい審査が課されます。また、一等資格の更新期間は3年サイクルです。

二等無人航空機操縦士(二等資格)

一方で、二等資格は、一等資格に比べて取得条件が緩いものになります。二等資格の取得には、一定の学習時間や研修を受けることが必要です。ただ、一等資格に比べて取得しやすいとされています。また、二等資格も3年ごとに更新が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、ドローンを巡る法改正の経緯や、2つある国家資格は一体どのような違いがあるか、どちらを取得することが適しているのかについて説明しました。紹介した国家資格を手に入れることで、商業用ドローンの運航や特定の飛行制限エリアへの飛行が可能になります。

また、国家資格の取得により、より信頼性のあるドローンパイロットとしての地位が確立され、ドローン産業の発展に貢献できるでしょう。本記事を参考に、国家資格の取得を検討してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

ドローンを操縦するなら、専門の資格や検定を受験すべきか悩む人もいるでしょう。 ドローン検定は、国土交通省が認定している試験で、ドローンの知識や技術を客観的に評価できます。合格者は技術証明がで

続きを読む

ドローンスクールの受講を検討している方々にとって、料金相場を知り、費用を節約する方法を探ることは重要です。この記事では、一般的な料金相場について詳しく見ていきながら、質を妥協せずに費用を抑え

続きを読む

ドローンには多彩な用途があり、空撮から農業など幅広い分野で活躍できるポテンシャルを秘めています。本記事では、ドローンの魅力的な使い道を紹介します。空撮の美しい風景や建物の撮影から始まり、農業

続きを読む

「ドローンに興味はあるけど、何から始めればいいの?」「何を準備すればドローンを飛ばせるの?」という疑問を持つ方も多いことでしょう。本記事では、ドローン選びから基本的な操作、安全対策まで初心者

続きを読む

ドローンの技術は急速に進化していますが、実際に操縦してみると難しいこともありますよね。そこで、ドローンスクールの重要性が増しています。本記事では、ドローンスクールで学ぶメリットについて詳しく

続きを読む

「ドローンに興味があるけれど、どこで練習したらいいかわからない」 「ドローンを持っていなくても練習できるの?」 はじめてドローンを飛ばす方や練習場を探している方のために、埼玉でおすすめの練習

続きを読む

「ドローンをはじめてみたいけれど、どのメーカーを選んだらいいかわからない」 「本格的にフライトを楽しみたい方におすすめのドローンは?」 ひと口にドローンといっても、特長や価格はさまざまです。

続きを読む

ドローンとは、遠隔操作で飛行が可能な無人の機械のことです。昨今はドローンが急速に普及しており、実際に街中でも見かける機会が増えました。そんなドローンですが、どのようなお店で販売されているのか

続きを読む

大宮ドローンスクール 住所:〒337-0045 埼玉県さいたま市見沼区新右ェ門新田111番地 電話番号:048-683-6580 大宮ドローンスクールは、令和3年6月にJUIDA認定スクール

続きを読む

ドローンは趣味で飛ばすだけでなく、仕事にも運用されるようになってきました。人間が入り込めないようなところの空撮や測量、点検などで活躍しています。日本でも空撮を楽しめますが、海外の雄大な自然の

続きを読む